ARENTのシャバ日記

シャドウバース2pickを主に記事にしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2PICK基礎編 5-0デッキと2-3デッキの違い

お久しぶりです。

元キーやん改めハンドルネームをARENT(アレント)で活動しています。

先週行われたJCG主催シャドウバースオープンでは予選4-0しドヤ顔のまま決勝リーグに乗り込むとロイヤルとドラゴンに光の速さでイカれ、256人中ベスト16というなんとも微妙な戦績となってしましました。

さて、本題ですがランクマッチ戦(スタンダード)のデッキ考察や環境分布はランカー勢の方達が既にブログや動画などで取り上げておりぶっちゃけ僕ごときが語っても何もタメにならないし下手をすると間違ったことを言いかねないのでノータッチの方向で行きます。
8月15日に大型アップデートによりアリーナが開設されました

『ランクマッチ戦でロイヤルを使いたいけど高すぎて組めない!』といった一般人の方々でもそのゴリラデッキの片鱗を味わうことができ、なおかつ格上プレイヤーにもデッキ次第では気持ちよくボコボコにできるということもありかなりの人数がランクマッチそっちのけでアリーナに潜っているように感じがします。

今回はよくツイッターで『5-0しました。お納めください』といった鼻高々な方々を少しでも撲滅できるように弱くないデッキの作り方を書こうと思います。

プレイングの話になるとプールの把握や先手後手でいろいろ長くなるので次回に持ち越します。

デッキの組み方では大きく分けて3つの留意点があります。


・1巡目である程度デッキの型を決める
2pickでは1巡目と15巡目にボーナスステージがあり大なり小なりカードパワーの高いものをピックできるようになっています。
多くの場合がこの1ピックでデッキが形作れるのですがその反面ふんわりとカードを摘まんでいるとコンセプトが固まりきらずコントロールをしたいのかアグロなのかよく分からない物体が出来上がることがあります。
ウィッチでいうと土なのかスペルで固めるのか?
ロイヤルだとアグロなのかミッドレンジなのか?
などなどスタンダードとは違いある程度遅めの除去が間に合うのでロイヤルでもジャイアントスレイヤーや猛襲といったカードを多めにピックし盤面をコントロールすることができます。
しかしあからさまに初手超越のような茨の道を突き進むくらいなら相方にいるマーリンを諦め、もう片方の束のエンシャントアルケミストをピックすることもあるので自分の中でのデッキの優先度はつけておいたほうがいいです


・タフネス1を重く見る
アリーナではニュートラルのカードが戦場に出ることがかなり多くその中でもシールドエンジェルはプレイアブルでアグロに対する牽制にもなっています。
スタンダードでもタフネス1はかなり危険な数値ですがことアリーナにおいてはグリントドラゴン・氷結のドラゴン・エンジェルバレッジといったようなタフ1キラーがよく登場しますのでピック段階ではもちろんのこと相手の盤面を殴り整理するときもタフネス1ということは意識しておきましょう。これを意識するかしないかで盤面の維持率はかなり向上すると思います。
タフネス1に限らず、基本的にはクリーチャーはパワーよりもタフネスが高いほうが1体の盤面維持率が高く2対1交換をしやすいということを覚えておきましょう。


・除去isジャスティス
除去は正義です
シャドウバースはキャラがそのまま除去カードになるので火力カードといったほうがいいかもしれません。
8月15日のアプデにより後手2ドローが実施されました。
スタンダードですらかなりの修正ですがアリーナでは1枚1枚のカードが弱い関係上、スタート時での1アドバンテージ&進化権は後手有利という形で顕著に表れています。
シャドウバースには4PP進化サイクルカードが存在しており、だいたいが2対1交換できるようになっています。
つまり先手の殴れる回数(テンポアドバンテージ)をアリーナでは1ドロー・進化権・進化サイクルカードのもたらすボードアドバンテージという3つの要素が上回っているため後手有利になっていると言われています。
先手4ターン目に安易にキャラを展開すると後手進化サイクルの餌食になることが容易に想像できるため盤面を更地でGoすることがプレイングとしてあるほどです。
なのでここでいう除去というのは『先手5ターン目に進化の応酬を断ち切れる除去』ということになります。
デッキの中に除去が少ないと先手を取った時に全く手も足も出せない状況に陥りやすいので欲を言えばバレッジやスナイプではなく格リーダーである優秀な除去『4点以上の火力カードか単体除去』をピックしておくことをオススメします。



以上の3点が『弱くないデッキ』の作り方になります。
かなりふんわりした内容で踏み込んだことは全く書いてないので『は?こんなん誰でも知っとるわ』と思われる方もいると思います。
そもそもリーダー選択の時点でロイヤルが出たらロイヤルするし、ビショップ以外はだいたい同じレベルなので3-2くらいは適当にやっていてもできると思います。

次回は格リーダーのピック優先度について書こうかと思います。
スポンサーサイト

カード考察 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。